ごあいさつ

地域の人々がいつも「来て良かった」と思える病院を目指します。

西武入間病院は、救急告知病院として創設され、埼玉県西部地域に密着した医療を提供してまいりました。 当院は、埼玉医大、国際医療センター等との病病連携(病院と病院の連携)により、さらに高度な医療を必要とする患者様のニーズにお応えすることができます。また、医療相談員を配置し、地域医療ネットワークを有効に活用し、各種相談を受け付けており、医療・福祉活動を行うことによって、地域に信頼される病院を目指し、努力しております。 地域の皆様の安心の拠り所となるべく、「患者様の満足」を追求・実現し、職員一同、力を合わせて、「総合的に診る力」を磨き上げて参りたいと思いますので、今後ともご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

院長 野中 晴彦

院長 野中 晴彦
基本方針

1.患者様との信頼関係を築くため、常に誠実であり、礼節を重んじます。 2.地域医療機関・施設と連携し、最適な医療・介護を受けられるよう努力します。 3.良質で安全な医療を提供するため、日々知識と技術の向上に努めます。 4.初期救急医療に対応できるよう、その機能を充実させていきます。 5.医療はすべての患者様の為にあるという基本を忘れません。

地域に根ざした医療を。

西武入間病院は、訪問看護ステーションや居宅介護支援事業所を開設するなど、幅広い医療サービスの提供をし、
退院後の患者様や地域のご高齢の方が安心して生活できる環境の向上に努めます。